お知らせ

(一社)日本ボッチャ協会とオフィシャルサポーター契約を締結いたしました

2017年12月29日

 東武プロパティーズ株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:平野通郎)は、一般社団法人日本ボッチャ協会(本社:大阪府羽曳野市、代表理事:奥田邦晴、以下「日本ボッチャ協会」)とオフィシャルサポーター契約を締結しました(2017年12月28日付)。
 
 ボッチャとは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、1984年のニューヨーク・パラリンピック大会からパラリンピック競技として採用されています。現在では40か国以上に普及していると言われています。
 緻密な戦略・駆け引きが詰まった奥深いスポーツとして、更には性別・年齢・障がいの有無を超えて幅広い方が一緒に楽しめることが出来る点に、当社として非常に大きな魅力を感じ、更なる普及の一助となることを祈念し今回のオフィシャルサポーター契約に至りました。

 今後は、日本ボッチャ協会への協賛のみならず、ボッチャ自体が持つ戦略性や団体戦時のチームワークの重要性などに着目し、社員教育への導入検討を行うなど、ボッチャの魅力を活かした各種施策を実施してまいります。

Page Top